一般地での水道凍結防止に流水式。

昨日の関東地方平野部の雪は大丈夫でしたでしょうか?
当店の回りも、夜から朝にかけてはホントに真っ白。畑の道の境目もわからないくらいでした。

普段凍結しない場所で、急な寒気。
そんな時に起こるのが水道管が凍結したことによる水が吐水しない事象、さらにひどくなると水道管の破裂なども起こります。

水道管の中や蛇口で水が凍ってしまい、水の体積が膨張することによって、水道管が痛んで亀裂が入ったりしてしまうのです。
その為、水を凍らせないということが必要なのですが、凍る事が前提の寒冷地であれば、水道管にヒーターを巻いたり、凍る可能性のある残った水を抜いたりして対応しています。

しかし、普段凍らない地域では、そんな対策などしてい事がほとんど。保温スチロールのカバーを巻くくらいでしょうか。
水抜をした方がいいのはありますが、止水栓を締めて水を出すのもなかなか面倒ですし、蛇口に逆止弁という水の逆流防止装置があり、水が不凍部分まで戻っていかない為完全に抜けきらない事も多々。

水は動いていると凍りにくいという特性があります。
そこを利用し、少量の流水をしておけば凍りにくいため、結果として凍結防止ができます。
ちょっと水道代が心配、なんて思うかもしれませんが、破裂しての漏水や、その修理費と比較するなら微々たるものです。
ただ、凍結の恐れがなくなった時に蛇口の閉め忘れ、これだけは気を付けてくださいね。

以下参考動画です。

万が一凍結してしまったら・・・。

お部屋を暖めたりして、徐々に氷を解かすしかありません。
水道管に熱湯をかけるのは厳禁です。急激な膨張により水道管が破損いたしますので、結局そこから漏水してしまいますよ。

破損してしまったら、お近くの水道設備店にご相談してください。ご自身では修繕不能です。


凍結破損した水栓の動画

 

破損個所はこんな感じ

 

立水栓の根本の部分が凍りつき、破損した例

 

とても寒い日の翌日などは当店にもご相談のお電話が多いです。

ということで、水道凍結しないようお気をつけてくださいませ。