アイデアと工夫で広がる使いやすい洗面化粧台の収納選び

・家族のための空間だからこそ工夫が必要


プラン3

洗面所は家の中でもっとも使用頻度の高いお部屋。

朝起きると顔を洗い、歯磨きをして、ここから1日がスタートします。

この洗面所を快適にリフォームすることで毎日の生活が劇的に変わるともいわれています。

リビングや居間なら来客を意識して、家具の配置、部屋のデザインを重視することがあると思います。

さらにはリフォームをして部屋のコンセプトを根本的に見直すこともありますね。

一方、洗面所は家族のための生活空間ですから、あまりこだわりをもたずに利用することがほとんどです。

ただしそれも洗面所の工夫次第で快適な空間が広がり、今までとはまったく違う部屋に生まれ変わります。

 

・用途広がる洗面所の可能性


片引き出し(内引き出し付)
普段使われていてお気づきかもしれませんが、洗面所ほど多機能な使われ方をされている部屋はありません。

わずか2畳か3畳ほどの場所でいつも何がしからの準備をしています。女性のメイクもその1つです。

朝のメイクは女性にとって欠かせない準備ですが、寝室の三面鏡よりも洗面台の鏡の前でお化粧を整える女性が多いとのことです。洗面所をパウダールームとして使うことは理にかなっているともいえます。

しかしながら洗面化粧台へのリフォームを済ませておくことで使いやすさはさらに向上します。

そのためには機能性を兼ね備えた洗面化粧台を選ぶ必要がありそうです。

一番の購入ポイントとしてキャビネットの収納力を重視する傾向があり、化粧品やドライヤーなどの備品は結構かさばりますので、収納スペースが確保できればとても助かります。

 

・収納性が重視されつつある洗面化粧台


オクターブの特長1:収納
収納機能が充実していればそれだけ溢れていた物がスッキリと片づけられます。

ただ、必ずしもすべての物をキャビネット内に収納することだけが、使いやすさとイコールにはならないようです。

洗面所という性質を考慮するなら歯ブラシや化粧品などいつも使う小物は、壁に備え付けの収納ラックに入れておく方が便利なこともあります。

また、ハンドタオルやお風呂あがりに使うバスタオルは、化粧台の横のスペースに収納ボックスを設置し、そこから取り出す方が使い勝手は向上しますよね。

収納は洗面化粧台を中心にしながらもいくつものバリエーションを用意しておいた方がよさそうです。

化粧台の収納力に目を奪われるばかりに限られた物しか洗面所に置けないケースはよくあることです。

結局、ホームセンターに行って安価な収納ボックスを購入することになりかねません。これではせっかく新しい洗面化粧台を購入してもデザインの統一性が損なわれてしまいます。

化粧台にプラスしてオプションの収納ボックスを備え付ければ、デザインは統一でき、さらに収納量はアップされ、用途ごとの整理もスッキリできるようになります。

やみくもに洗面所をリフォームするのではなく、使いやすさやデザインまで考えながら計画を立てることがポイントになりそうです。

・使いやすさが人気のオープン収納


鏡裏には充電に便利なコンセントを装備 両側の収納棚に加え、鏡裏にも、たっぷりの収納スペースをご用意。 収納棚は高さを細かく調整できます。
収納といえばキャビネット内に隠すというイメージがありますが、あえてすべての収納物をつまびらかに見せるのもひとつの方法です。

歯ブラシ、整髪料、化粧品、洗剤、ドライヤー、ひげそり、タオル、これらは毎日、洗面所で使用する物ばかりです。

使い勝手を重視するならオープン収納も工夫されたアイデアといえ、若い人にはオシャレな洗面化粧台として好まれる傾向にあります。

シンプルなつくりの化粧台は飽きもなく、流行に流されないという点でいえば万人受けするのかもしれませんし、メンテナンスしやすい特徴もありそうです。
洗面所は狭い空間ゆえにスペースの有効利用が求められています。洗濯機の空間などは収納キャビネットを設置できる数少ないデットスペースです。

限られた場所である洗面所をいかに効率よくリフォームするかは、家族構成や予算、そしてライフプランを総合して判断するようにしましょう。