施主支給の購入ガイド!気を付けるのはどこ?~蛇口水栓編~

施主支給の購入ガイド!気を付けるのはどこ?~蛇口水栓編~

流行りの施主支給。リフォームがより安い予算でできることも!


394966

施主支給のメリットは、なんといっても、 自分の好みのメーカーや商品を自由に選択できること。

 

 

依頼する施工会社によっては、

取り扱うメーカーや商品が限られている場合もあり、 希望するアイテムを選べないことも。

 

そのため、施主支給を選択する方も多いようです。 また、商品によっては、安く購入できるケースが多いことも魅力のひとつでしょう。

 

出典AllAbout(http://allabout.co.jp/gm/gc/27180/)

 

巷で流行っている施主支給、しかしながら専門家でないとわからないことも多数・・・

そこで、設備品を購入の際、ご自宅で確認できることや職人さんにどんなことを伝えたら良いのかをまとめました。

リフォーム・リノベーション、新築を建てる時、インターネットで好みのテイストの蛇口を探したい場合は、ぜひご参考ください!

 

まずは、現在設置されているパーツを把握するところから!


取替工事を希望する箇所の蛇口の種類を確認します。

蛇口・水栓交換の際には、現在設置されている蛇口と同じタイプのものを選びましょう。

なぜかというと、取り付け穴の数によって、取り付けられる蛇口が違うのです。

同じタイプであれば蛇口の取り付け穴や取付ピッチは各社共通ですので、ほとんどの場合お好きなメーカーの物に取り換えられます。

蛇口のタイプが違っても(2ハンドルからレバー式にしたい等)水栓のタイプが同じものであれば変更可能です。

上記は、同じ壁付タイプなので、ひねる部分の形式が違っても変更可能、ということになります。

 

 

蛇口の種類【キッチン水栓】


ワンホールタイプ
蛇口が台(キッチン天板)に取付けられていて穴が1つのタイプ
ツーホールタイプ
蛇口が台(キッチン天板)に取付けられていて穴が2つのタイプ
壁付タイプ
蛇口が壁に取付けられているタイプ

 

ワンホールタイプとは・・・

蛇口が台(キッチン天板)に取り付けられていて穴が1つのタイプ。

※メーカーによっては一部取り付け穴が55mmのものがあります。

その場合は変換アダプターを使うことによって交換できるようになりますのでお問い合わせください。

 

ツーホールタイプとは・・・

蛇口が台(キッチン天板)に取付けられていて穴が二つのタイプ。ツーホールタイプであれば、交換することが可能です。

 

壁付タイプとは・・・

壁に取付けられている蛇口です。 水とお湯の給水管の間は105mm~225mmの範囲であれば交換できます。

 

蛇口の種類【シャワー(浴室)水栓】


壁付タイプ
蛇口が壁に取付けられているタイプ
台付タイプ
蛇口が台(浴槽のふち等)に取付けられていて、取り付け穴が二つのタイプです。

壁付タイプとは・・・

蛇口が壁に取付けられているタイプです。
水とお湯の給水管との距離は105mm~225mmの間であれば全ての蛇口で交換可能です。

台付タイプとは・・・

蛇口が台(浴槽のふち等)に取付けられていて、取り付け穴が二つのタイプです。
給水管の取り付け穴と給湯管の取り付け穴の芯々の距離(ピッチ)が85mm、105mm、120mmと3種類あります。

蛇口下に点検口がありますので、開けて蛇口を裏側から覗いてサイズをご確認下さい。

 

蛇口の種類【洗面台水栓】


ツーホールタイプ(ゴム栓式)
蛇口が台(洗面台)に取付けられていて穴が2つのタイプ。水を貯める時に鎖でつながったゴム栓をして貯めるタイプ
ツーホールタイプ(ポップアップ式)
蛇口が台(洗面台)に取付けられていて穴が2つのタイプ。水を貯める時に蛇口に付いている引き棒を引き上げることで、洗面台の栓を止めることができるタイプ
ワンホールタイプ(ポップアップ式)
蛇口が台(洗面台)に取付けられていて穴が1つのタイプ。水を貯める時に蛇口に付いている引き棒を引き上げることで、洗面台の栓を止めることができるタイプ
コンビネーションタイプ(シャンプー水栓)
蛇口が台の二つの穴によって取り付けられていて、本体とシャワーがそれぞれ独立しているタイプ。

<ポップアップ式に変更する場合の注意点>

※ ポップアップ式からポップアップ式に交換する場合、蛇口本体に引き棒は含まれておりません。現在の物を流用するか、お問い合わせください。
※ 現在TOTO製の蛇口をお使いでワンプッシュ式に交換したい場合もお問い合わせください。
※ 洗面用蛇口は一部特殊なタイプもあります。ご不明な場合はお問い合わせください。

ツーホールタイプ(ゴム栓式)とは・・・

蛇口が台に取付けられていて穴が二つのタイプ。水を貯める時に鎖でつながったゴム栓をして貯めるタイプ。

現在ゴム栓式をお使いの場合、ゴム栓式も一緒にご購入下さい。

※ 洗面用蛇口は一部特殊なタイプもあります。ご不明な場合はお問い合わせください。

 

ツーホールタイプ(ポップアップ式)とは・・・

蛇口が台に取付けられていて穴が二つのタイプ。蛇口に付いた引き棒を引き上げることで、洗面台の栓を止め水を貯めることができます。

タイプポップアップ棒用の穴位置はメーカーにより異なります。基本的に同じメーカーの蛇口と交換することをお勧めします。

 

ワンホールタイプ(ポップアップ式)とは・・・

蛇口が台に取付けられていて穴が一つのタイプ。蛇口の取り付け穴は国内各社共通ですのでそのまま交換が可能です。

ただし、ポップアップ棒用の穴位置はメーカーにより異なります。基本的に同じメーカーの蛇口と交換することをお勧めします。

 

コンビネーションタイプとは・・・

蛇口が台の二つの穴によって取り付けられていて、本体とシャワーがそれぞれ独立しているタイプ。

交換する場合、穴と穴の距離は比較的どのようになっていても大丈夫ですが、

両方の穴サイズの直径がワンホールタイプと同等サイズ(35?~39?)である事をご確認下さい。(ワンホールタイプの蛇口を2個付けている感じです)

※ 洗面用蛇口は一部特殊なタイプもあります。

 

蛇口の種類【その他】


水(又はお湯)のみ吐水する単水栓です。単水栓という水栓の種類もあります。

現在、単水栓が設置されていれば基本的に交換可能です。

 

配管の位置や、取り換え前の蛇口の品番を伝えられると◎!


購入したい好みの蛇口は見つかったけど、本当に取り付けられるか不安・・・。そういった方もきっとたくさんいらっしゃるはず。

そういう時は、工事業者の人に気軽に尋ねてみましょう。

近頃はインターネットで業者を検索をする方も多く、メール等で質問すればおおよそどれくらいのお値段で工事をしてもらえるのか、どんなものが取り付けられるのか簡単に知ることができます。

その際に、職人さんがこの情報・写真があると答えられるよ!というのが、「配管の写真」と「現在設置されている蛇口の品番」です。取り付けたい蛇口の品番もあれば、そちらも伝えましょう。

職人さん曰く、給水配管・給湯配管のまわりがどうなっているか、位置や状況を知りたいとのことですので、ネット環境が整っている方は写真を撮ってメールで送りましょう。

そして、現在設置されている蛇口の品番。これがわかると、次に設置したい蛇口のパイプの長さや高さなどと比較し照らし合わせて、使い勝手はどう変わるか、実際に取り付けられるかを教えてくれますよ!

 

まとめ


 

  • 現在付いている 蛇口の品番
  • 取付場所(キッチン、洗面台など)
  • 取付方式(ワンホールタイプ、壁付タイプなど)
  • 現状写真
    (蛇口全体がわかるもの・蛇口の給水接続部がわかるもの・給水管の繋がり方が解るものがあると◎)
  • 取替希望の商品名(品番)が分かる場合は伝える

以上が蛇口の購入から取付工事のお願いまでの流れをスムーズにする、把握しておきたい情報です。

上記に書いたことは当社の水道工事職人がインターネットで質問を受ける際、実際にお聞きしている事柄です。

ワンホールやツーホールなど、取付方式がわかればどんなものが取り付けられるのか、専門家でなくとも絞り込んで選べますね!

たくさんある蛇口のデザイン・機能の中から、お好みのものを見つけましょう!