「TOTO SK106 病院流し」 造作時・ご使用時に気を付けるべき5つのポイント

こんにちは。

最近寒すぎて、北陸などで、水道凍結の被害が出ているとのこと、ニュースで流れていますが大丈夫ですか?
普段から寒さ対策がされている地域での被害ですので、今年はよっぽど寒いのだろうなということがわかりますね。

普段凍結をしないよ、という地域も夜の間水を出さない時間帯は凍結対策したほうがよいかと思います。
過去記事ですが2018/01/23「一般地での水道凍結防止に流水式。」に簡単にできる対策ですが記載しました。

もっとも、室内は基本的に凍らないという事が前提(記載した対策は家外の水道管で凍結しないようにするための対策)ですので、お風呂の桶の中の水が朝バリバリ凍ってますというような場合などは、家の中の暖房をできるだけ利かせておくなどの対策と併用しないとなりません。
お気を付けを。

 

 

閑話休題。

当店ユウラシクでは、造作洗面台や造作キッチンで非常に人気の高い「TOTO SK106 病院流し」の大特価販売始めました。

メーカー希望小売価格40,392(税込)のところ、当店販売価格16,100(税込)です。

送料は別途になりますが、通常送料800円(沖縄県・離島などは別途加算あり)ですのでかなりお安く提供できているかと思います。。

 

TOTO SK106#NW1 ホワイト TOTO SK106#SC1 パステルアイボリー

問い合わせも多い人気商品ですので、より安くすることによって、施主様には「造作の良さ」、業者様には「ご提案のしやすさ」をご提供できるのではないかと考えております。
ぜひこの機会にご利用いただければと思います。ご検討くださいませ。

 

 

さてさて、本題です。
実際にSK106を使用して造作する時に抑えるポイント、使用するときに気を付けるポイントを5つ書き出しましたのでご覧ください。
安くて簡単にできそう、なんてDIYでやってみたら大失敗、水まわりなので被害も甚大に!? なんてことないように押えておいてほしいポイントです。

 

 

★ 「TOTO SK106 病院流し」の造作時・ご使用時に気を付けるべき5つのポイント ★

・その1

SK106はかなり大きいです。

<TOTO SK106 スペック>
外形サイズ 760mm×470mm×225mm
内形サイズ 684mm×394mm×200mm
排水口径 φ80mm
重量 23.2Kg 実容量 48.4L

最大水量を入れたと仮定すると総重量は71Kgオーバーです。
そのためしっかりとした作りの台と広めのスペースが必要になりますので、カウンター強度をご確認ください。

 

 

・その2

シンクの底面がフラットのため、通常水栓では掃除がしにくいです。
引出し式シャワーのついた水栓をセットにすることをお勧めします。
見た目のバランス・使用感的にも当店ではグースネックタイプの水栓をお勧めいたします。
上下に広い空間が取れるので、大きな鍋や野菜なども洗うのがとっても楽になります。

当店お勧め水栓


KVK KM6061EC グースネックシングルレバー式混合栓(eレバー)

 

 

・その3

陶器ですので、ステンレスシンクやホーローシンクより耐熱温度が低く80℃です。
熱湯等を流したりしないようにしてください。
また陶器ゆえに衝撃に弱いです。鍋を落としたりすると割れる可能性があります。
その為シンク底じきなどを御利用になる事をお勧めします。

 

 

・その4

専用排水金具TK18はゴム栓付きですので、水を溜める事が可能ですが、シンク側ににオーバーフロー機構がありません。
放置による水あふれにご注意ください。


TK18S
TK18S 床排水金具
Sトラップ
(排水口金付)

TK18P
TK18P 壁排水金具
Pトラップ
(排水口金付)

TK18E TK18E 排水口金
(排水トラップなし)

 

 

・その5

内側底面はフラットですが、はめ込み式(オーバーカウンタータイプ)の為、外側はフラットではありません。
SK106の置型設置は手間がかかるかと思われますので、その場合はお客様とご確認ください。

 

 

 

 

 

どうでしたか?
わかりやすく書いたつもりですが、いまいちわからないなんてときはお気軽にご質問ください。

お問い合わせはコチラからどうぞ。

皆様のご来店、お待ちいたしております。